食器棚と食品庫

キッチンの背後は食器棚になっていて使い勝手が良い!

屋根裏部屋に上る階段下のデッドスペースは有効活用できて、冷蔵庫の横には棚がありますので、あまり使わない物を置けます。

 

この家のキッチンは、設計者が中古の簾戸(すど)の建具を探して

入れてくれました。この簾戸を入れたので、

キッチンスペースも家の雰囲気に調和していて気に入ってます。

棚の高さと奥行きは、持ってる食器や容器の数を考えなが

ら決めましたが問題なく出し入れをスムーズにできます。

 

食器棚は奥行きがありすぎると、奥の物が出しにくくなりますね!

冷蔵庫も簾戸を閉めると隠れるし、スッキリしてる。冷蔵庫の開

閉も問題なく中の食品の出し入れもしやすいです。

北の部屋の食品庫は独立していて、作った味噌、ラッキョ、梅干し

などを貯蔵して調味料、乾物類は籠を利用して保存してます。

棚の高さも自由に決めて時々調整します。左は勝手口。

 

 

 

 

 

 



ーーーー編集後記ーーーー
読んでいただき、ありがとうございました。
もし今回の記事・写真を気に入っていただけたら、ランキングボタンのクリックをお願いします。更新の励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします♪

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA