猫はシンプル

日頃猫さん達を見ていてそれぞれの表現の違いに気づく事があります。

黒ネコちゃんは空腹になったらジーと私を見つめて来ます。それがお腹空いたの合図。

オス猫さんは低い声でニャーと一声かけます。

二匹とも窓の外に侵入者が現れると凄い声で唸っていますのですぐわかります。

もしこの子達がいなかったら日常生活は、潤いのない日になっていたでしょうね。

余計な事も言わない、怪我をして帰って来ても痛みが癒えてくるま

で声もあげずにじっと辛抱している様子。私が思案にくれてると黒

ネコちゃんはそばで寄り添っていてくれる。

人間関係は我を出し過ぎて「我良し」(われよし)の思いだけで言

動すると思いもかけない状態になってしまい、新たな火種が起こり

ます。しかし

そんな状態になっても自分の気持ちが穏やかな平安な精神状態を取

り戻せたら、要するに心がザワザワしてるのに「気づいたら」自身

に問いかけて、じっくり自分と向き合いその状態をしっかり受け止

めて容認し(その感情を認めて)受け入れると楽になる。

例えば相手から受けた言葉を聞いた後、反応した自分を許し「よし

よし、そんなふうに感じたのね。だから語気が強くなったんだ」っ

て一旦、受け入れます。

感情的になって発した言葉を良い悪いで判断しないで、反応した

自分を自身が受け入れる。認める。

そうすると、しばらくしたら、もうどうでもよくなり忘れていきま

す。要するに根に持たなくなってしまうんです。

そして、相手に対しても少しずつ拘りが薄らいできます。

表現力の乏しさを痛感しています。文章にすることは至難の技ですね。

 

猫さん達はお昼寝するそれぞれお気に入り場所があります。暖かい場所がイイよね〜



ーーーー編集後記ーーーー
読んでいただき、ありがとうございました。
もし今回の記事・写真を気に入っていただけたら、ランキングボタンのクリックをお願いします。更新の励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします♪

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA