普段着と外出着

京都に住むようになってから用事で出かける時か目的があって出かける時以外は外出しなくなりました。

映画もネット配信で見るようになりましたので映画館にも最近は行かないしお家時間が多いですね。

1人暮らしの時はいくつかの講座に通っていたし映画館も歩いて(20分くらい)行ってましたので今の暮らしとだいぶ様子が変わりました。

友人とランチする事も滅多にないしランチしたい時は一人で行くことが殆どです。

おしゃべりな方ですが交友関係は少ないと思います。こちらから電話をかけてのお喋りもほとんどありませんしメールも限られてます。若い頃から群れなかったし井戸端会議の参加もパスしてた方で一人で過ごす時間が多かったと思います。

そうそう、今日は服装のお話でした〜

服は今あるもので着まわしながら着てますが、他所のオタクのクローゼットは覗いた事がありませんので服が多いのか少ないのか比べる事もできないですが

遠くの知り合いが3人来られた時、私のクローゼットをみて「これだけ〜」って言われたので少ないん方なんだなぁって思いました。

お家で過ごす時間が多いので、着るものは動きやすいパンツスタイルなので部屋着ではなく労働着になりますネ。

冬は肌着(半袖シャツ)とズボン下をはきパンツは春から秋までモンペかストレッチのズボンです。上はタートルの薄手の綿シャツとセーターを着ます。

若い頃、普段着は洗濯のきく分厚いトレーナーを着てましたが重く感じるようになってトレーナーは着なくなりました。

今の季節、普段着は薄手のウールのセーターやカーディガンにし数枚を着まわしてます。

家での服装は格好良さやオシャレ感があまりなくても働き着なので膝が出ても気にしないで動きやすい、家事しやすい服装で過ごしています。

寒い季節ウールのセーターやカーディガンは軽くてあったかく動きやすいです。

セーターは毛玉が出るので洗濯したらせっせと毛玉とりしてます。

 

食料品を買い物に行く時、冬はコートを羽織るので下のズボンだけはきかえて出かけてます。

 

お出かけ着はちょっとカッコ良くしたいので・・上半身はよそ行き風の着やすくて

軽い素材のものにし

パンツスタイルが殆どですのでストレッチの効いた生地で膝が出ないようなデザイン

と自然素材の生地を選んでますがお気に入りのパンツが数枚ありますので上の服装に合わせて決めます。

冬は外出をあまりしないので冬服はあまり要らないと気づきましたから買わなくなりました。

ですので今までに買った冬物のセーターもまだ充分ありますからそれでいいと思ってます。

コートもまだまだ着れると思いましたが2年前減らしてロングコート一枚と半コート三枚にしたので嵩が減って良かったと思います。

冬と花粉時期、夏も外出を控えますのでこれからは買わないでしょうネ。外出の多い季節の洋服は買うこともあると思いますが・・



ーーーー編集後記ーーーー
読んでいただき、ありがとうございました。
もし今回の記事・写真を気に入っていただけたら、ランキングボタンのクリックをお願いします。更新の励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします♪

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA