ヨーガ その二

 

下の子が5歳の時、入学前の1年間山村留学しました。それで時間もできたのでヨーガ教室に。健康になるのを目標にして、習ってきた事を思い出しながら毎日励みました。

家族が出勤、登校した後、教室で習ってきたヨーガを復習しようと思いましたがなかなかポーズを思い出せなくて、上手くできませんでした。しかし、ある日を境に目を閉じて身体を動かし始めると、先生の指導する声を感じる様になり、身体が動きを覚えていて、思い出しながらアーサナ(座法、体位のこと)ができるようになってきました。調身、調息、調心の三位一体を行う事によって、身体が整い、呼吸を整え、そこに瞑想も入るので自ずと健康体になっていき、身体の不調が改善されていきました。

 

教室の生徒の中でも、先生がビックリするくらい硬い体でしたが、朝夕、一時間半ずつ練習した甲斐あって2年目くらいから皆さんと同じ様になり、三年目から指導の勉強も受け、その後、指導できる様にもなりました。公民館の一室を借りて休む事なく7年間続ける事ができましたが、49歳の時、夫の転勤で関西を離れる事になったので他の人に譲り辞めることになりました。お陰様で肩凝りもいつのまにか無くなりました。良き指導者に恵まれ、目標達成し、充実した40代を過ごせた事に感謝して終える事ができました。まさに、継続は力なりですネ。

 



ーーーー編集後記ーーーー
読んでいただき、ありがとうございました。
もし今回の記事・写真を気に入っていただけたら、ランキングボタンのクリックをお願いします。更新の励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします♪

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA